x

お使いのブラウザをアップグレードしてください

お使いのブラウザでは当システムをご利用いただけません。

このコンテンツをご覧になるには、次のブラウザのいずれかをご利用ください。

Google Chrome

Google Chrome
version 7+

Mozilla Firefox

Mozilla Firefox
version 4+

Apple Safari

Apple Safari
version 4+

Internet Explorer

Internet Explorer
version 7+

               



sub title

sub title

子育てに必要なお金の種類はさまざま。学校教育費のようにある程度の支払い時期・金額の目安を立てられるものもあれば、子どもの病気・ケガの治療費のように突発的な支出もあります。また、一家の収入を支える親に万が一のことがあった場合の備えも考えておかなければなりません。教育資金の貯蓄を重視するのか、手厚い保障を重視するのか。子どもの将来に向けてお金を準備するために役立つ保険についてご紹介します。



sub title 子どもが誕生した時に考える保険といえば大きく分けてふたつの選択肢が考えられます。それは「学資保険」と「こども保険」です。学資保険は教育資金の準備を、こども保険は子どもの医療保障を主な目的としている保険です。

一般的に学資保険とは、子どもが大学に進学する15歳、17歳、18歳、22歳など進学時期に満期を設定し、保険料を積み立てていくタイプの貯蓄を重視した保険のこと。満期時に保険金を受け取れるほか、進学時にはお祝い金がもらえる仕組みになっているものが多いです。契約期間中に契約者である親が亡くなった場合に以降の保険料支払が免除されるというものもあります。この場合も、満期時には満額の保険金を受け取れますので、万が一のことがあっても安心です。



sub title そしてこども保険とは、入院費など子ども自身にもしものことが起きた場合に備えるために加入する保険です。病気・ケガは予測ができないもの。治療費だけでなく、交通費や自宅での療養費などトータルに考えるとそれなりの支出額になることもあります。こうした不慮の事態にもしっかり備えられるのがこども保険の魅力です。

学資保険が教育費の貯蓄に主眼を置いているのに対し、こども保険では子どもの医療保障を重視しています。具体的に子どもの「何に」備えたいのか明確にした上で、これらの保険商品を上手に活用していくと良いでしょう。子どもの成長過程においてどんな支出が発生しそうでしょうか。そして家計の現状を踏まえてどこまで貯蓄など自力で対応できそうでしょうか。余力を持った資金の目処を立て、不足分や不安な部分に対して必要な保障を検討することが大切です。



sub title 特に、こどもの成長過程においては予想できない出来事が数多く発生します。収入の担い手である親に万が一のことがあった場合、その後の生活費や教育費をどこから準備するかあらかじめ考えておきましょう。そして子ども自身に何かあった時にも落ち着いて対応できるような家計の仕組み作りをしておくと安心です。「子育て費用」というと教育資金に目が行きがちですが、子どもの病気やケガの治療費なども視野に入れ、バランス良く備えておきましょう。



sub title 教育資金の貯蓄準備は「学資保険」、子どもの病気やケガに備えるなら「こども保険」。何が起こるかわからない将来のことだからこそしっかり備えておく必要があります。それぞれの保険には特約を付けることができるものもありますし、保険会社によっては学資保険とこども保険をミックスした商品も扱っています。情報収集をしっかり行なって、ピッタリな保険商品を選びましょう。




プロフィール:鉢須 祐子(はちす ゆうこ)


sub title アラサーのフリーランス。ファイナンシャルプランナーとライターのパラレルキャリアを実践中。国内大手証券会社・銀行の営業職を経験後、2009年に独立。日本では数少ない独立系の若手女性FPとして、執筆活動や講演会を通じてお金の情報を発信している。セミナーDVD「お金を貯めるライフプラン」「ゼロから学べる借入トラブル」(ファイナンシャルアカデミー)ほか、雑誌やWebメディアの掲載・執筆実績多数。


保有資格:
2級FP技能士/証券外務員会員一種/証券外務員内部管理責任者/損害保険募集人資格

お問い合わせ

ご不明点はお気軽にお問い合わせください。お電話でも資料請求を受け付けています!

カーディフ損害保険会社

カーディフダイレクトデスク
0120-202-562

月曜日~金曜日9:00~18:00
(祝日・年末年始を除く) 


    資料請求する